子育て・絵本

作者の愛がつまった車の絵本。さわやかな水色の車体がすてきです

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

バルン バルン バルルーン

そんなエンジン音が気に入ったとっくん。

図書館で借りてきたのですが、よく読んでいます。

 

tree_a『バルンくん』の おはなし

バルン バルン バルルン

さあ でかけよう

今日もさっそうとお出かけのバツンくん。

お天気もよさそうです。

バルバルバルッ

坂道をどんどんのぼって

うねうねみちも バルーン

坂をくだったら、とうちゃく!

きてるぞ きてるぞ バルルルル いろんな車が来てるぞ

さあ、みんなで はしろう!

ならんで・・・スタート!!

こどもポイント

のりものが大好きな次男とっくん、2歳4か月。

電車に乗っているときでも、窓から外を走る車を見つけては「あ!くりゅま!

あ!ばしゅ!」などと言っています。

おそらく将来は小鉄くんだろうなとは思うけど、今は車も大好き。

車にも興味がある時期に、この絵本をよめたのはラッキーでした。

どうやらこのバルンくんは、「オースチン・ヒーレー・スプライト」という、

イギリスのスポーツカーがモデルらしのですが、

とっくんには、そこらへんはまだどうでもいい情報のようです・・・

ひたすらにページをめくりながら、「くるま!ばるーん!ばるーん!ばるるーん!」と

言っています。

バルンくんの明るい表情が、見ているこっちも明るい気分にしてくれます。

barunkun2

 

いろんな車も出てくるので、見てるだけでも楽しいようすのとっくん。

最近は「色」にも興味があるので、「きいろいくるまー」

「あかいくるまー」と指さししながら言っています。

 

cat_1eおとなポイント 楽しむツボ

最近は、車を楽しむという人がへっている、というニュースを見たことがあります。

特にわかものは、「車そのものを楽しむ」というよりも「移動手段としての車」で

あればよいのだとか。

私もそうですが、旦那さんも「移動手段としての車」派です。

時々、車が趣味の方とかにお会いすると、それはもううっとりとしたお顔で

「この車が子供みたい」とか「毎日ぴかぴかにしてたい」とおっしゃいます。

車好きの友人は「エンジン音がいい」とか「メーターはアナログがいい。

タコメーター(?)がついてないと、エンジンの回転数がわからないのでイヤ」と言っていて

私にはちょっとよく分かりませんが、車の世界も奥深いものだなと感じます。

 

 

作者の こもりまことさん について

こもりまことさんは、大の車好きだそうです。

発行元の福音館書店のサイトには、こもりさんについてこのように紹介されています。

1948年、京都府生まれ。子どものころから、紙とエンピツを持たせると自動車を描いていた。自動車のエンジン設計者になりたく工業高校に進むが急遽変更。その後、大阪デザイナー学院に入学、イラストレーターを目指す。卒業後、大阪の広告事務所で1年ほど働く。1975年、東京に場所を移して今に至る。雑誌などのイラストレーションでも活躍。絵本に福音館書店から『バルンくん』(「こどものとも0.1.2.」1999年2月号)『バルンくんとともだち』(「こどものとも0.1.2.」2001年3月号)『バルンくんのさんぽ』(「こどものとも0.1.2.」2003年2月号)がある。神奈川県在住。

ー福音館書店HPよりー

好きなものがあるって、幸せだな~と思います。

バルンくんには、こもりさんの愛がつまっているのですね。

barunkun1

この絵本『バルンくん』は、ほとんどのページに

バルン バルン

バルルーン

という、エンジン音が書かれていて、読むときにちょっと元気に読んでみたりしています。

時々、「どんな風に読んだらよいか分からない」というお悩みを聞くのですが、

私は基本的には「読みたいように」で読んでいます。

このバルンくんは、さっそうとした元気な感じがしたので、ちょっといつもよりも元気に読んでいます。

さあ、今日はどんなふうに読もうかな?

注意)絵本の表紙、見開きの写真は、出版社さんに許可をいただいて撮影、掲載しています。

転載等、一切お断りいたします。

ABOUT ME
おやこ絵本コーディネーター すず
1976年生まれ。 静岡県在住の主婦。男子2人の育児中です。 6年ほど書店で働いていました。 絵本が大好きで、長男とは1,500冊以上の絵本を読んでいます。 (延べ冊数だと、20,000冊以上・・・多分・・・) 実家も遠く、夫も激務のため ハードル下げて楽な気持ちで暮らせるように心がけています。 男子2人いてもシンプルですっきりなおうちをめざして日々活動中♪ このブログでは、大好きな絵本やすてきなもの、インテリア雑貨の購入レポを書いていきます。