【感想】手抜き=現代の知恵!鎌田式の手抜きごはん



ゆい

こんにちは。ゆいです!

40代になって数年、最近自律神経のバランスが崩れ、体調が悪化しました。

20代、30代と気力で持っていたようなものでしたが、ここにきて一気に悪化してしまいました。

そこで、普段の生活を見直していたところに出会った本がこちら。

本来はもう少し上の年代の方向けなのでしょうが、
私にもぴったりだったので紹介します!

目次

鎌田實先生とは?

お医者さん。1974年、東京医科歯科大学医学部卒業。
1988年、諏訪中央病院院長に就任。
地域と一体になった医療や食生活の改善・健康への意識改革を
普及される活動に携わる。2005年より同病院名誉院長。
↓↓オフィシャルサイト

あわせて読みたい
鎌田實 オフィシャルウェブサイト

ポイントは3つ

①料理は人生を楽しむめの最良手段

体と心は密接につながっていて、食はどちらにも大きな影響を与える、と鎌田先生。
何をどう食べるかを考えて料理するようになると、
体に対する意識が高くなる

運動にも興味がわいてくる

心も前向きに

という、好循環に。

②手抜き=現代の知恵です。罪悪感を持つ必要なし

料理は日々を元気にすごすための大切な手段。
でも、負担に感じるほどがんばる必要はなし!

他にやりたいことを我慢して料理するくらいなら、
便利なカット野菜や冷凍食品をどんどん活用して
簡単・時短でOK!

③野菜とたんぱく質。まずはこの2つをたっぷりとる

日本人に不足しがちな「野菜」と「たんぱく質」を心にとめて、
食事に取り入れるとよいでしょう。
野菜は1日350gを目安に、たんぱく質は朝・昼・晩とこまめに
とることを心がけましょう、とのことでした。

ゆい

なるほど~!
さっそく作ってみよう!

この本のレシピでは、冷凍野菜が活躍します。
たとえば、この冷凍野菜と鶏肉で・・・

ネットでもいろいろ
購入できるんだね!

↓↓↓

枝豆を解凍しておけば、粉チーズや調味料と混ぜるだけだし、

さといもと鶏肉の煮物はフライパンに放り込んで煮込むだけ。

煮込んでいる間に汁物を作れば出来上がります。

他の料理も常備してある調味料や冷凍野菜ですぐできました。

トマト缶ではなく、野菜ジュースで煮込むミートボールもおいしくて
リピートしています!

ゆい

野菜ジュースを使うと、
トマトよりも甘味があります。
これはこれでおいしい!

ゆい

我が家はこの野菜ジュースが
好きでリピートしています。

他にも、

・冷凍ほうれん草のアーモンド和え
・冷凍いんげんのなめたけ和え
・冷凍さといものピーナッツバターポン酢和え

などの野菜レシピ、

・鶏肉と白菜の重ね煮
・エビチリ豆腐
・粉豆腐のミルク煮

などのタンパク質が取れるレシピなど、
45レシピ紹介されています。

ゆい

レシピを担当されているのは、
料理家の金子文恵さん♪

まとめ

ご飯は生きていくのに必要不可欠ですが、
料理は毎日のことなので、私には精神的な負担が大きいんですよね。

この本のレシピだと、もっと年齢が上がった時にも楽に作れるし、
子供たちが小さい今でも充分に活用できます。

野菜とたんぱく質がたっぷりとれるので、
少しずつ元気になっていけそう。
気持ちに余裕ができるありがたい本、どんどん使っていきたいです!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる