本・読書記録

2歳6ヶ月で楽しんだ絵本(2017年1月)

2017年、最初の1ヶ月が終わろうとしています。

寒い日もありましたが、割とあたたかくて穏やかな日が多く過ごしやすかった1か月。

今月次男のとっくんが楽しんだ絵本を紹介します。

読む量がどんどん増えてきた1か月

この1か月、とっくんは毎日よく読むようになってきました。

去年の今ごろはあまり興味を示さなかったのですが、2歳半となると、

絵本にも興味を持ってくれるのかな。

次男とっくん 2017年1月のBest3!

『なきごえバス』

えがしらみちこさんのみずみずしい色彩の絵本。

出てくる子どもや動物たちの表情が、幸福感に満ちあふれています。

リアル系の乗り物絵本が苦手なママにおすすめ!

 

『とんねるをぬけると』

トンネルを抜けたら、お客さんが変身しちゃってた!

レビューはこちら。

とんねるをぬけると・・・?子どもの好奇心を刺激する絵本!

この絵本図書館で借りたのですが、借りたすぐあとに書籍化して発売になったようです。

買いにいこうっと!

 

 

『でんしゃでいこう でんしゃでかえろう』

この絵本は、ここ何カ月かずっと読んでいます。

「でんしゃでいこう」から読み始めて、終点の駅に着いたら

逆の「でんしゃでかえろう」として読むことができます。

恐怖の無限ループ・・・

 

 

図書館で借りた絵本

今月は図書館で借りた絵本も興味をもつものが多く、楽しく読めました。

『すいすいたこたこ』

北の海のたこあげは・・・

レビューはこちら。

お正月の遊びといったら、これ。すいすいとたこあげをしたい・・・?

 

『おべんとう』

シンプルだけど素敵なお弁当。余白の多さが、絵をいっそう引き立てます。

レビューはこちら。

子どもがよろこぶ簡単レシピでおひるごはん。お弁当もたまにはいいかも。

『10ねこ』

1ねこ 2ねこ 3ねこ・・・どんどんふえる猫ちゃんたち。

レビューはこちら。

猫大好き!でも写真集なんて忙しい育児中には読めない・・・?いえいえ大丈夫!岩合光昭さんの『10ねこ』なら読めます。

『わたしの』

「ぼくの」「わたしの」を意識するお年ごろ、2歳。

そんな時期に読みたい1冊。

最後にクスッとして、いい意味であきらめがつきます。

レビューはこちら。

これ、ぼくの。あれも、ぼくの。この子って自分勝手なの?いえいえ、みんなそんなもんです、な絵本。

『たどってごらん』

指をつかって線路をたどっていく絵本。

子鉄さんおおよろこびだね。こちらも恐怖の無限ループ・・・

レビューはこちら。

あわせて読みたい
指を使って楽しめる!電車大好きな子のママさんへ。次男とっくん2歳6ヶ月。 ただいま電車・バスが大好きです。 いつでも乗っていたい、見ていたい・・・そんな日が続いています。 ...

『ピンポーン』

ピンポーン!と鳴れば、なにかがやってくる!

ワクワクした気持ちになれる絵本。

レビューはこちら。

ピンポーンと鳴ったら、いいものが来る・・・?2歳児さんとママの、ワクワクドキドキな絵本。

『うずらちゃんのたからもの』

独特の色合いが美しい絵本。うずらちゃんはたからものを見つけられたかな?

レビューはこちら。

https://mikan-ehon.com/uzurachantakaramono-waniwanitoakawani/

『わにわにとあかわに』

版画のワニが怖いけどかわいいくて、楽しい。大人気シリーズの5作目です。

レビューはこちら。

https://mikan-ehon.com/uzurachantakaramono-waniwanitoakawani/

『でんしゃがいっぱい!』

いろんな形の電車が登場します。自分の好きな電車をみつけよう。

レビューはこちら。

https://mikan-ehon.com/denshagaippai/

『しろくまちゃんのホットケーキ』

卵をわったり、かき混ぜたり。

この絵本を読んで、次男とっくんはホットケーキづくりにちょうせんしました。

プツプツしていくところなんか、おおよろこび!

少しずつ、お料理する楽しさを一緒に味わえたらいいなあと思います。

 

『いちご』

とても美しい絵本。こちらも余白の多さがイチゴたちを際立たせて、

子どもがいちごに集中していくのがよく分かります。

次男とっくんは、みどりのイチゴの実を食べるまねをして「しゅっぱい しゅっぱい」連発。

みどりのはまだすっぱいですよ、と書いてあるのを聞いての行動。

ちょっとお調子もの・・・・?

いやいや、お話の中に入りこんで純粋に楽しんでいるからこその行動だと思いたい・・・。

 

おうちの絵本

『ピヨピヨスーパーマーケット』

『ノラネコぐんだん』などでおなじみの、工藤ノリコさんの絵本。

2歳児さんくらいで、身のまわりのものに興味がある子にぴったりです。

ひよこの親子がスーパーに買いものにいくのですが、

いろんなものが丁寧に描きこまれていて、まさに本物のスーパーみたい!

出てくるお子様たちも、「買って買って~!!」と騒いでる子がいたり、

勝手に欲しいものを持ってきちゃったりと、「あーいるいるいる」と納得しちゃいます。

 

『カンカンカンでんしゃがくるよ』

「カンカンカン でんしゃがきまーす」

ふみきりで待っていると、いろんな電車がとおっていきます。

こちらもリアル系の乗り物絵本はちょっと・・・・と思うママでも楽しく読める1冊。

 

『せんろはつづく』

もう何か月も、ほぼ毎日読んでいる絵本。

「せんろはつづく、まだつづく~」と言いながら電車遊びに夢中になっています。

 

『れんけつガッチャン』

こちらは連結を楽しめる絵本。

いろんな電車が連結していきます。

ブリオの機関車で遊ぶ時に「れんけつーガッチャン!」と言って楽しんでいますね。

『ぷちとまとちゃん』

最初の写真に載せたのが、この『ぷちとまとちゃん』。

小さくてボードブックという厚紙でできたこのシリーズは、お出かけに持っていくのにもぴったりです。

 

おうちの絵本 番外編

とっくんは長男ゆうくんの絵本もよく読みたがります。

が、2歳児さんが内容を分かっているかというと、多分分かっていない。

でもよく読んだものがあるので、紹介します。

ヨシタケシンスケさんの絵本

子どものことよく観察しているなあ・・・というヨシタケシンスケさんの絵本。

この独特の雰囲気がよいのか、とっくんがしょっちゅう持ってきます。

長男ゆうくんが大好き。子どもも大人もはまってしまう、この絵本たち。

とっくんが小学校卒業するころまで読みそうな気がします。

『りゆうがあります』

『ふまんがあります』

 

 

たくさんの絵本に興味を持てるようになってきた1か月。

これからもいろんな絵本を読んで楽しんでいきたいです。

ABOUT ME
元書店員 すず
1976年生まれ。 静岡県在住の主婦。男子2人の育児中です。 6年ほど書店で働いていました。 いろんな本を読んで、幸せな時間を増やしたいと思っています。