子育て・絵本

ほんわか あったかい気分にひたれる『ケーキ やけました』

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

木版画とは思えない、リアルにおいしそうな絵本!

シンプルであたたかい絵が、幸せな気持ちをはこんできてくれます。

☆MOE絵本屋さん大賞 パパママ賞ノミネート作品☆

 

 

『ケーキ やけました』の おはなし

チーズケーキがやけました。

ひときれ どうぞ。あーん。

バウムクーヘンも、アップルパイも。

カステラもホットケーキも。

どれも、とってもおいしそう!!

 

こどもポイント

とってもおいしそうなケーキやバウムクーヘン。

やわらかくてふんわりとしたケーキたちに釘付けの、としくん。

最初にケーキ全体→次のページで「ひときれ」どうぞ。

この繰り返しなので、次のページの予測が立てやすく、

それがさらにワクワク感を生みます。

cakeyakemashita2

「ひときれどうぞ」のページで、どうぞ~とつまんでお口に持っていってあげると、

「ああーーん」と大きなお口をあける、としくん。

たまらなく可愛いです。

ケーキやカステラなどを少しずつ食べるようになってくる2歳くらいから、

楽しめるのかなあと思います。

 

おとなポイント 楽しむツボ

この絵本の絵は、全て「木版画」で描かれています。

(描かれて、という表現が正しいのか分かりませんが)

この本には、「絵本『パンどうぞ』『ケーキやけました』の

木版画ができるまで」という小さなおまけがついています。

そこでは写真つきで、木版画ができていく様子を説明してくれています。

とっても分かりやすいので、大人は本とあわせて読むのがおススメ。

 

見返し(表紙の内側の、本と表紙をくっつけている部分)のオレンジが

まず何ともあったかくて幸せな気分を運んできてくれます。

そこから一枚、ページをめくると出てくるのは、

何ものっていない真っ白なお皿と、フォーク。

ああ~なんかいいもの出てきそう!!ってワクワクしてきます。

チーズケーキもバウムクーヘンも、白い背景にくっきり浮かび上がって

ケーキのほわほわの柔らかさやしっとり感がよく出ています。

こういう白い背景にたべもの、という絵本は今までもいろいろありますが、

その食べ物がくっきりはっきりするので、子どもたちも分かりやすいみたいです。

最後のページの「ごちそうさま」まで、次はなに?次は?と楽しんでページをめくれる

幸せな1冊です。

姉妹本のような『パン どうぞ』は、2015年ボローニャ国際児童図書展の

「Books&Seeds」に選定されています。

 

 

こちらも読んでみたいな。

おいしい絵本を紹介させていただきました☆

ごちそうさまでした。

 

ABOUT ME
おやこ絵本コーディネーター すず
1976年生まれ。 静岡県在住の主婦。男子2人の育児中です。 6年ほど書店で働いていました。 絵本が大好きで、長男とは1,500冊以上の絵本を読んでいます。 (延べ冊数だと、20,000冊以上・・・多分・・・) 実家も遠く、夫も激務のため ハードル下げて楽な気持ちで暮らせるように心がけています。 男子2人いてもシンプルですっきりなおうちをめざして日々活動中♪ このブログでは、大好きな絵本やすてきなもの、インテリア雑貨の購入レポを書いていきます。