子育て・絵本

寒い!!赤ちゃんを一人でおふろに入れる時の小ワザ3つ

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

こんにちは~

おやこ絵本案内人 すず です。

だんだんと寒くなってきましたね。

うちは主人の帰宅が遅くて、平日は子どもたちのお風呂を私が一人で担当しています。

長男ゆうくんが生まれてからなので、もうかれこれ7年。

今は子どもたちもだいぶ大きくなってきて、お風呂に入っている時はゆっくりと

自分の体を洗ったり、髪をあらったりできるようになってきました。

 

それでも、どうしても辛いのが「さむい時期」の入浴前後。

特におふろから出るときの寒さといったら・・・もうイヤになります。

長男はもうほっといても自分でやりますが、次男とっくんはまだまだ一人で

きがえのできる年ではない上に、やたらめったら走りたがり・・・

着替えるだけで5分以上かかります。

その間、私は着替えができず。

さ む い。

体温下がってこのままたおれるのでは・・・という気持ちになります。

一人でお風呂にいれるのって、けっこう大変なんですよね。

先輩ママさんにどんな工夫をしたか聞いてみたのですが

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”先輩ママ”] うーん・・・しばらく裸族だったことしか覚えていない! [/speech_bubble] [speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”2.jpg” name=”すず”] ・・・ですよねー[/speech_bubble]
 

そこで!

 

わたくし、すずが「(自分が)いかに寒い思いをしないか」ということで

冬に工夫していること3つをご紹介いたします!

 

どんなに寒くても、一人で入れなくてはいけない。

先ほども書いたけど、私は月曜から金曜まで、一人で子どもたちをお風呂にいれてます。

そういう人多いんじゃないかな。

これが意外と大変。

特に1歳くらいまでは、ねんねの頃はもちろん、つかまり立ちをできるようになっても

気をつけておかないとお風呂の中でこけたり、洗い場からお風呂にダイブしたり。

自分の髪とか体とか洗えたもんじゃないよ。

そして冬はそれにプラスして「寒さ」との戦いが・・・

とは言っても、静岡なんてそんなに寒くないでしょ!って言われそうだけど。

でもでも、私はものすごい寒がりなので、とにかく寒くないようにとやってます。

1 あっためる。

部屋、脱衣所、お風呂場

まずはあっためる。

これ、鉄則。

部屋は暖房をつよめにしておく。

 

脱衣所には小さなヒーターを置いて、脱衣所にドアがあれば閉めて脱衣所そのものをあたたかくする。

 

こんなタイプのやつね。

温風が出てくるので、やけどに注意!

 

お風呂場は、ためるお湯をいつもよりも少しへらしておく。

そんで、はいる直前に、シャワーでたし湯をするといいよ。

勢いよくやるのがコツ。

そうすると、蒸気でお風呂場全体があったまる。

 

2 手早く。

石鹸は泡が出てくるタイプが便利

固形のせっけんをもこもこ泡立てるのも楽しいのでおススメなのですが、

時間がかかってしまうのがイヤなので、うちではいつもこれです。

片手でも石鹸が出せて洗えるのでべんり。

洗うのはささっと終わらせて、あとは体があったまるまでお湯につかって

あがります。

 

って、2つ目はこんだけかい。。。

 

3 ひやさない。

入る前は部屋やお風呂場をあっためておくのが大事なんだけど、

あがるときは、今度はひやさないのが大事。

まずは自分。

私は、子どもたちをバスタオルでくるんでから、

まずは自分がバスローブをはおって下着までを身につけちゃうよ。

「先に子どもでしょ!子どもが冷える!!風邪ひく!!」って言われるかもしれんけど。

いやいやいや。

バスローブはおって下着はくの、15秒です。

子ども先にしたら、5分以上裸族よ?!

そしたら、こっちが風邪ひくでしょう?

風邪ひいて子どものお世話、めちゃ大変ですよ。

子どもに風邪うつったら、病み上がりで看病ですよ。

お母さんの健康って、子どもの健康と同じくらい大事です。

お母さんが健康じゃなかったら、家のことはすべて止まるし、

お父さんは子どもの世話をするために仕事を休まなきゃいけないし。

 

うちは周りに助けてもらえる親戚とかいないから、

私がたおれると全部に影響が出てしまいます。

だから、私が風邪ひくのが一番たいへん。

私が風邪をひかないように、いろんなことをやってます(笑)

ちなみにバスローブはけっこうお値段や素材に幅があるのですが、

うちではこれを使ってます。

 

 

タオル地でよく水を吸ってくれるので、はおれば体をふく手間もはぶけます。

厚みもほどよいので、お洗濯で乾きにくいということもないです。

ちなみにお洗濯は週に1回くらいでよいそうです。

 

子どもたち。

いくら私が風邪ひかないのが大事っていっても、子どもたちが風邪ひかないのも

同じくらい大事。

だから、うちではバスタオルや子ども用のバスローブにくるむのだけど、

お風呂場でさっとタオルで体を拭いておくと、さらによし。

 

子どもは上がるまえに洗い場でさっと体をふいておく。

部屋ではバスタオルにくるんでおく。

自分がバスローブをはおってから、子どもの着替え。

 

こんな感じ。

ちなみにあっためておいた脱衣所で着替えをするのが

一番良いのですが、

子どもたちが逃げていくので、今はあまり活用できずです。

でも、もっと小さいねんねの子とかなら、

脱衣所に寝かせておいてお母さんが着替えとかできるし

おススメです。

ヒーターの温風が子どもに直接かからないように注意~!

 

まとめ

寒い時期にひとりでお風呂にいれる時の小ワザを3つ紹介しました。

これから本格的な冬がやってきます。

また今年も「どうやって寒さを乗りきるか」を考えています。

参考にしてもらえるとうれしいです。

あなたもいろいろ工夫してみてね。

 

 

ABOUT ME
おやこ絵本コーディネーター すず
1976年生まれ。 静岡県在住の主婦。男子2人の育児中です。 6年ほど書店で働いていました。 絵本が大好きで、長男とは1,500冊以上の絵本を読んでいます。 (延べ冊数だと、20,000冊以上・・・多分・・・) 実家も遠く、夫も激務のため ハードル下げて楽な気持ちで暮らせるように心がけています。 男子2人いてもシンプルですっきりなおうちをめざして日々活動中♪ このブログでは、大好きな絵本やすてきなもの、インテリア雑貨の購入レポを書いていきます。