子育て・絵本

お正月の遊びといったら、これ。すいすいとたこあげをしたい・・・?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

昔ながらの遊び。

お正月の遊びといったら、はねつき・たこあげ・かるたとり・・・?

そんな遊びを思いだしますが、このお話は、「たこあげ」。

とおい北の地では、どうやらタコをあげるようです。

 

leaf_c『すいすい たこたこ』って こういうお話

しろくまさん一家とあざらしさん一家が、たこをあげてます。

お正月だからね。

で、こんなたこあげなんです。

dsc_1701

注意)絵本の表紙、見開きの写真は、出版社さんに許可をいただいて撮影、掲載しています。

転載等、一切お断りいたします。

たこ たこ あがってますよ

ほんものの たこさんですね

おしょうがつは

そらを およげるんですね

北のたこあげは、ごうかいですね。

海の中にいつもはいるタコが、空に。

このあと、ライオンさんがやってきました。

ライオンさんによる、ししまいです。

ししまいを踊ってまんぞくしたライオンさんは、船に乗って帰っていきました。

また来年。

 

flower_l『すいすい たこたこ』 ここが楽しい!

それはもう、なんと言っても海のタコが空にあがって、

凧揚げっていう、ダジャレ?のような展開。

えータコって、そっち!?と私は思ったけど、次男とっくん、きょとーん・・・

そりゃそうです。

まだ同音異義語なんて知らないのでね。

「あータコしゃん!」と指さして、無邪気に喜んでいます。

そのあと、これもやはりベタな展開というべきか、

ライオンさんによる「ししまい」。。。

さすが、とよたかずひこさんだ。

この、ひょうひょうとした感じ。

淡々とオヤジギャグ的なお話にしてしまう。

『でんしゃに のって』もそうだけど、ダジャレ好きですね。

こうやって、子どもたちはオヤジギャグ言葉の楽しさに気がついていくのでしょうね♪

ちなみに旦那さんは、「シロクマとペンギンが一緒にいるのは変だろ~笑」って

笑っていました。

 

とよた かずひこ さんって、どんな人?

1947年宮城県生まれ。早稲田大学第一文学科卒業。主な作品に『でんしゃにのって』などの「うららちゃんののりものえほん」シリーズ全3巻、『バルボンさんのおでかけ』などの「ワニのバルボンさん」シリーズ全5巻、『ブップーバス』などの「あかちゃんのりものえほん」シリーズ全4巻(以上アリス館)、『やまのおふろ』などの「ぽかぽかおふろ」シリーズ(ひさかたチャイルド)、『どんどこももんちゃん』[第7回日本絵本大賞]などの「ももんちゃんあそぼう」シリーズ、『おにぎりさんがね・・』などの「おいしいともだち」シリーズ(以上童心社)がある。紙芝居作品に『でんしゃがくるよ』『もみもみおいしゃさん』(以上童心社)などがある。

ー絵本ナビ よりー

とよたかずひこさんは、全国あちこちでお話会をされていて、

私も長男のゆうくんが4歳くらいの時に参加させていただきました。

絵本の世界そのままの、のほほんとした穏やかな感じで『どんどこももんちゃん』や

バルボンさんなどの絵本を読んでくださいました。

途中で長男ゆうくんが「いつ終わるのー?」と大声で言ってしまったのですが、

とよたさんは「あ~もうちょっとだよ~」と怒るでもたしなめるでもなく、

おだやかに答えてくださったのが、とても印象的でした。

 

とよたさんの絵本は、どの絵本も楽しくて思わず笑顔になれます。

ついつい私が笑っちゃうけど、そんな私の笑う顔につられて思わず一緒にわらってしまう、

とっくん。

ママの笑顔は、子どもの笑顔につながっていきます。

 

 

 

とよたさんの、優しくてこころがまあるくなる絵。

大人にはちょっと楽しいことば遊び。

そんな素敵な絵本を読めて、うれしい1日となったのでした。

 

 

 

 

 

ABOUT ME
おやこ絵本コーディネーター すず
1976年生まれ。 静岡県在住の主婦。男子2人の育児中です。 6年ほど書店で働いていました。 絵本が大好きで、長男とは1,500冊以上の絵本を読んでいます。 (延べ冊数だと、20,000冊以上・・・多分・・・) 実家も遠く、夫も激務のため ハードル下げて楽な気持ちで暮らせるように心がけています。 男子2人いてもシンプルですっきりなおうちをめざして日々活動中♪ このブログでは、大好きな絵本やすてきなもの、インテリア雑貨の購入レポを書いていきます。