子育て・絵本

生後6か月までに楽しんだ絵本Best5。一緒にながめて体を休める。

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

長男の時はそうでもなかったのだけど、

次男とっくんについては、生後0ヶ月から「私が横になれる」という

よこしまな考えから絵本を読んでました。

少しでも横になれば、体力も回復できるので・・・

そんな私と生後6か月ころのとっくんが読んでいた絵本をまとめました。

生後6か月ころまでに楽しんだ絵本

 

『しましま ぐるぐる』

しましま こんにちは

しましま ぐるぐる

なんて言いながら、ぼーっとしていても読めてしまう、とてもリラックスできる1冊。

あかちゃんの顔から、20~30cmくらい離したところで見せてあげるとグッド。

 

レビューはこちら。

あわせて読みたい
0歳0ヶ月から。赤ちゃんといっしょに寝転がって、休みながら楽しめる0歳0ヶ月からの絵本。 次男とっくんと一緒にねころんで、休みながら楽しんでいました。 しましまぐ...

 

『かん かん かん』

「かん かん かん」という音にのって、いろんなものがとおっていきます。

たべものだったり、動物だったり。

背景が黒いので、大人は少し珍しいなあと思うのですが、赤ちゃんには関係ないようです。

 

 

 

『ぶーぶーぶー』

長男ゆうくんもとても好きだった、この絵本。

赤や青、緑や黄色の車がとおっていきます。最後に大きな車も出てきます。

『かわいい あひるのあかちゃん』

私が持っているものは、ミニ版です。あひるの赤ちゃんたちが朝起きて、

夜寝るまでの1日が描かれています。

小さいのでお出かけにも持っていけます。2歳3ヶ月の今でもよく読んでいます。

『ごぶごぶ ごぼごぼ』

ごぶ ごぶ ごぼ ごぼ

ど ど どぉーん という音とともに、いろんなまるが出てきます。

大人には「何が楽しいんだろう?」って思うこともありますが、子どもたちは大好き。

穴も開いていて、指を入れて楽しんでいます。

なんだか分からないマルと文字って思えるのですが、マルの大きさや配置が、音と合っているのが

何回か読むと見えてきます。いろんなものを想像しながら読んでます。

 

『まほうのにじ』

これは、とってもふしぎな絵本です。

鏡のような紙が使われているので、ページを開くと虹がまあるくなったり

花火がページ一面に広がったり。

ふつうは5歳くらいの子が読むものらしいのですが(じっさい、ゆうくんは大喜びでした)、

とっくんも意外と好きで、よく見ています。

色が赤ちゃんにも見やすいのでしょうね~

 

ほとんどの場合、彼は「なんなの?これは?」という感じでじーっと見てました。

ほぼ、絵本の読み聞かせの時間は、私の休憩時間でした。

私はそれでいいと思うんですよ。

うちのように周りに気軽にヘルプをたのめない場合、意識的に自分で自分へのハードルを下げないと、育児そのものがしんどくなります。

特に一人目。全くわけわからない中、毎日お世話しますからね。

私は「甘えるな」と怒られましたが、じゃんじゃん甘えちゃってください。

赤ちゃんの横にゴロゴロして、ぷくぷくのほっぺたにスリスリしちゃってください。

それだけで疲れがすこし取れますよ~

 

 

ABOUT ME
おやこ絵本コーディネーター すず
1976年生まれ。 静岡県在住の主婦。男子2人の育児中です。 6年ほど書店で働いていました。 絵本が大好きで、長男とは1,500冊以上の絵本を読んでいます。 (延べ冊数だと、20,000冊以上・・・多分・・・) 実家も遠く、夫も激務のため ハードル下げて楽な気持ちで暮らせるように心がけています。 男子2人いてもシンプルですっきりなおうちをめざして日々活動中♪ このブログでは、大好きな絵本やすてきなもの、インテリア雑貨の購入レポを書いていきます。