原田ひ香『一橋桐子(76)の犯罪日記』読書感想レビュー

こんにちは。
ゆいです。

今日は『一橋桐子(76)の犯罪日記』を読みました。

老後の不安を解消するために桐子が選んだのは、
刑務所に入ること・・・。

はらはらしながらも、最後うるっときたお話でした。

目次

あらすじ・内容

老親の面倒を見てきた桐子は、
気づけばたったひとり、
76歳になっていた。

両親をおくり、
わずかな年金と清掃のパートで
細々と暮らしているが、貯金はない。
同居していた親友のトモは病気で
先に逝ってしまった。
唯一の家族であり親友だったのに……。
このままだと
孤独死して人に迷惑をかけてしまう。

絶望を抱えながら過ごしていたある日、
テレビで驚きの映像が目に入る。
収容された高齢受刑者が、
刑務所で介護されている姿を。

これだ! 光明を見出した桐子は、
「長く刑務所に入っていられる犯罪」
を模索し始める。

感想

76歳、頼れる身内もおらず、
パートの清掃とわずかな年金で暮らす、桐子さん。

一緒に住んでいた親友が亡くなり、一人になってしまい
今後の不安から「刑務所ならご飯も食べられて、
寝たきりになっても介護してもらえる」と
犯罪に手を染めようと考えます。

私もアラフォーとなり、両親の介護問題や
自分自身のこれからなどを考えると
やはり不安になります。

そんな時に読んだこの本。

桐子さんは、犯罪をいろいろ考えていくなかで、
様々な人に出会っていきます。

清掃先の社員さん、両親が不仲な高校生、
闇金を貸す人々・・・
桐子さんのまわりに集まってくる人たちの
やさしさに、じんわりと心があたたかくなりました。

最後まで桐子さんがどうなるのかハラハラしました。
でも、希望がみえる結末に、良かったなあ・・・と
ホッとしながら読み終わりました。

私も桐子さんみたいに、少しでも明るく生きていきたいなあ・・・。
犯罪はしないですが・・・。

以上、『一橋桐子(76)の犯罪日記』の感想でした。



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次