本・読書記録

大きさくらべ。どっちのが大きい?小さい?会話がはずむ1冊

たくさんのすばらしい絵本を描かれている、三浦太郎さんの絵本。

今回はぞうちゃんとねずみちゃんの、おはなしです。

☆MOE絵本屋さん大賞パパママ賞ノミネート作品☆

『ぞうちゃんと ねずみちゃん』のおはなし

おおきいぞうちゃんのお友だちは、ちいさいねずみちゃん。

おおきいぞうちゃんは、ちいさい絵をかきます。

ちいさいねずみちゃんは、おおきな絵をかきます。

おおきいぞうちゃんは、ちいさいボールで遊ぶし、

ちいさいねずみちゃんは、おおきいボールで遊びます。

二匹はとってもなかよし!

 

こどもポイント

zouchannezumichan1

「大きい」「小さい」がパッと分かる、ぞうちゃんとねずみちゃんの体の大きさから始まり、

「大きいぞうちゃん」が小さい絵を描いたり小さいボールで遊んだり。

反対に「小さいねずみちゃんが」大きな絵を描いたり。

シンプルに分かりやすいのか、とっくんが気に入って何度も読んでいます。

また、描いているものが「車」だったり、

遊んでいるものがボールだったりと、子どもたちが好きなものなので、

そこにも目がいくようです。

とっくんは「くるまー!くるまー!大きいね~小さいね~」と大声で言ってました。

車が出てきたのが、すごくうれしかったみたいです。

 

おとなポイント 楽しむツボ

シンプルで柔らかい色合いの多い、三浦太郎さんの絵本。

よく知られているものだと、

こちらや

こちら。

どっちも子どもたちが大好きな絵本です。

特に0才から2才頃によく読む絵本で出会う、三浦太郎さん。

見ているとなんだかホッとします。

この『ぞうちゃんと ねずみちゃん』も、二匹のシンプルで

可愛らしい動きが子どもたちと重なります。

ぞうちゃんとねずみちゃんが相撲をするのですが、

ねずみちゃんがコチョコチョとくすぐる様子を見て、とっくんも私をコチョコチョ。

一緒になっておすもうを取って、わざとこちらが負けると大喜び。

大きい、小さいを分かることよりも、

こんなに大きさが違っても仲良しなんだな。

一緒にあそべるって楽しいんだな。

と、感じれる絵本なんだなと思いました。

 

お友だちと一緒に遊べるようになるのはもう少し先の、とっくん。

まだまだ宇宙語が多くて「バシュね、〇☆*#…♪!●?・*ね~♪」と、こんな感じで

話していて。

他の人だと、なかなかコミュニケーションが成立しません。

まだまだこれから。

いつかこんな風に、一緒に遊べるお友だちができるのを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

ABOUT ME
元書店員 すず
1976年生まれ。 静岡県在住の主婦。男子2人の育児中です。 6年ほど書店で働いていました。 いろんな本を読んで、幸せな時間を増やしたいと思っています。